2009年02月28日

OSの再インストールに苦闘中

いやもう大変なのですよ。
昨日の投稿後にOSの再インストール作業を始めました。
一日経って、やっと一息ついた感じです。
むしろ無理やり一息つきました。

OSがWindowsVistaなので、
以前vliteというソフトを使いリカバリディスクを作ってあったのですが、
リカバリまではよかった・・・。

Vistaの更新プログラムやドライバを統合していないリカバリディスクでしたから
溜まりに溜まった更新プログラムをダウンロード&インストール。
(Framework3.5SP1って必要なんだっけ?やたら時間かかってイライラ)
ドライバもネットで集めながらアップデート。
いえまだ途中なんですよ。
BTOのパソコンなので(有名どころじゃないから?)、
ドライバCDなんてものもついてない。
「まぁOSについてた汎用ドライバでも動いてるからいいかな(テヘ)」
日々作業に使わなければいけないソフトを
先にインストールしてしまった。

「前もってちゃんと準備しておきましょう」

何回天の声が聞こえてきたことか・・・。(T▽T)
もっとさっくり済ませたいものですねぇ。
そこで色々調べてみると、TrueImageというソフトがなかなかよさそうな。
Windowsの入ったフォルダを丸ごとバックアップして
システムを復旧させることも可能とか。

今回のシステム再構築ではCドライブにシステムを入れて
アプリケーションはできるだけDドライブにインストールしたのですが、
TrueImageを使うつもりならシステムと同じドライブに
ソフトまで入れてしまった方がいいのかしら?
今度、vliteで作ったリカバリディスクでCをフォーマットしてしまったら
Dにインストールしてあるソフトは使えないような気がします。(よく分かってない)

まぁ今回はTrueImageには手を出さずに、
vliteで更新プログラムやドライバを統合済のリカバリディスクを
作るところまでを目標にしようかなと思っています。
うーん・・・できるかなぁ?
以前も統合しようと思ったのに挫折したので、
やっぱり無理かもしれないという気がしたりしなかったり。
posted by ころっけ(男爵) at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

世界に認められた麻薬!?

麻薬・覚せい剤のニュースが増えています。
それだけ手が届きやすい物になってしまったということでしょうか?
こんな物が身近になっても困るのですが・・・。

最近ですと、今日神奈川県警中原署から保釈された元十両力士の若麒麟は大麻所持容疑。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090227-00000074-mai-soci
つい先日も有罪判決を受けた元タレントの小向美奈子は覚せい剤。
またいくつかの有名大学でも学生が捕まっただのと報道されています。
上に挙げた人たちはみな若者で、好奇心の向き先が悪い方に向かってしまったのでしょうか?
もしくはやりきれない鬱屈した思いがクスリに手を出させてしまったのか?

手を出した結果どうなるのか?ということが理解できていなかったとも思えます。
いや、「気分がスカッとする」とかではないですよ。
中毒性に対抗できなくなり依存状態になった末路がどうなるかです。
おそらく使用したその時さえ良ければいいと思った結果なのではないでしょうか?

極端なことを言っているのかもしれませんが、
私はタバコを「世界に認められた麻薬」だと思っています。
最初に私の立場を示しておくと、私自身タバコを一本も吸ったことがありません。
タバコを吸う人のいない家庭で育ったこともあって、
幸いにもタバコが身近な存在ではありませんでした。

喫煙される方から見れば「何を青臭いことを」と思うかもしれませんが
タバコをやめようと思ったことのない喫煙者はおそらくいないのではないでしょうか?
「そもそも本当にタバコを吸う必要があるのか?」と
一度も考えたことがなければ是非考えてほしい。
依存した状態で「吸いたいと感じさせられているだけではないですか?」と。
確かに私はタバコの煙は嫌いですし、吸殻をポイポイ捨てるのを見て良い気はしませんが
被害者振って「タバコをやめてくれ」と言いたいわけではありません。

タバコの増税がある度に「これを機に禁煙しよう」と言う人がいます。
私は一気に「一箱1000円」にしてしまえばいいと考えます。
「さすがに高い」と禁煙できる人が多いなら。
しかし「1000円払ってでも吸いたいのか?」と考える機会にはなります。
それでも断固たる決意で吸い続ける人もいるでしょうね。

個人ではなく、世界に目を向けた場合、
全面禁煙にすることはよほどのことがない限り無理だと思われます。
タバコ関連企業や愛煙家の有力者層がだまっていないでしょうから。
あまりにも認知されすぎたというか、利権が絡みすぎたというか・・・。
世界的な大きな流れを変えるのは無理でしょうが、
一人ひとりの意識が対象なら変えられるかもしれません。

「本当にタバコを吸う必要があるのか?」と一度考えてみてほしい。
(本当か嘘かは分かりませんが)小向美奈子の
「男に強要されてクスリをやった」では責任を他に向ける余地が生じてしまいますから。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090226-00000526-san-soci
きちんと考えた結果、自分が納得した選択をすればよいのだと思います。

何事も「周りは関係なく自分で決めたのだ」と考えられれば
反省することはあっても後悔することはないはずです。

posted by ころっけ(男爵) at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

オバマ大統領は庶民の味方?

オバマ大統領が富裕層の増税に踏み切るようです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090226-00000072-jij-int
「富裕層減税政策の打ち切り」は大統領選の公約であり事前に予測されていましたが、
更に「新規増税」をするというのは今まで言及されていませんでした。

「やはりオバマ大統領は麻生首相とは違うなぁ」
が私の正直な感想ですが、どこが違うかと言うと何といっても

「スピード感が違う!!」

!!付けたくなるほど違いますね(正直悲しい)
着実に一歩一歩進んでいる印象があります。
これまでブッシュ前大統領の政権下において
「富裕層の減税」が推し進められてきました。
アメリカの「格差社会」では1%の富裕層に富の分の1が集中し、
上位5%に広げるとそれが60%にもなります。
それ以外の95%の人々が残り40%を別けあっているのです。
(もちろんこの中にも格差はあります)
日本でも格差社会うんぬんと言われていますが
アメリカに比べたらまだかわいいものです。

この増税分と「医療制度改革などによるコスト削減分」と合わせ
いわゆる「国民皆保険制度」の財源とするようです。
何百万人もの「保険に入れない人々」が問題視されていましたから、
それに対して使われるということですね。
「保険に入れない人々」、すなわち庶民の中でも
貧しい階級に属する人々が恩恵を受け、
富裕層がその代償を払うという構図です。
これは「格差の是正」をイメージしてもよいでしょう。
ただし、この政策には大変な抵抗が待ち受けていると思われます。
いわゆる「特権階級」が相手になりますから。
この層は政財界と繋がりが強く、色々な圧力をかけてくるのは容易に想像がつきます。
特権階級から睨まれたくない上下院議員とうまく交渉していかねばなりません。

大半を占める庶民の目線からみれば
「金持ちから税金を取って、自分たちは楽になる」
方が嬉しいですが、ここはオバマ大統領のお手並み拝見というところでしょうね。
posted by ころっけ(男爵) at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

WBC日本代表への不安と、今後NPBがすべきこと。

昨日、今日とWBC日本代表チームとオーストラリア代表チームの強化試合が行われました。
第1戦は8−2と日本が勝利。
第2戦も11-2と連勝。
先日の対巨人の練習試合2試合を含めて打線は好調のようですね。

しかし、不安な点もあります。
この最近2試合の先発のダルビッシュ・松坂投手がともに
ピリッとしない内容だったことです。

ダルビッシュ投手は1回2/3を投げ、打者9人に対し2安打1失点。
失点こそ少なく収まったものの、5つアウトを取るのに42球を費やしました。
球速は153キロを記録するなどさすがというところですが
3四死球はこの投手にしては珍しく多い。
またカーブがすっぽ抜ける場面が多く、本人は
「カーブは諦める。こういう時のために球種を持っているので、
投球をモデルチェンジする」という内容のコメントでした。

松坂投手も1回2/3を投げ、打者10人に対し5安打2失点。
ダルビッシュ投手同様、5つのアウトを取るのに38球と多くなりました。
本人はまだまだ本番前だからというコメントでしたが、
昨年のMLBでも球数が多く中継ぎに負担を掛けていただけに
さらに球数制限の厳しいWBCでは不安材料と言えます。

ただ杉内投手は調子が良かったみたいですね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090226-00000049-sanspo-base

さて、WBCの話題でよく耳にする使用する「ボールが滑る」という話。
繊細な感覚でボールを操る投手にとってはその違いは特に大きいようです。
WBC代表候補から惜しくも漏れてしまった岸投手(西武)ですが、
落選の要因の一つは得意とするカーブがこの滑るボールに合わなかったかららしいです。

「なるほど国際試合の代表となると選手も色々大変なんだね」

ここで終わらずに是非考えてみてほしいのですが、
そもそもボールの仕様が違うというのは、
日本が自らハンデを背負っていると考えられないでしょうか?
また国際試合の度に「ストライクゾーンが違う」ということもよく出てきます。

私としては「この際国際ルールに合わせようよ」と言いたいです。
まぁ国際試合がある度にそう思っていたのですが・・・。
昨年、北京オリンピックで韓国が優勝しましたね。
韓国は北京に向けていろいろ準備をしていて、
その中の一つに「ボールの仕様を国際球にあわせる」ことがあったそうです。

「世界使用のボールを導入する」「ストライクゾーンを外側にずらす」
他にも「ストライク・ボールのカウント順もボール・ストライクにする」
日本の試合とMLBの試合で違和感なく観戦できるようになりますし、
子供が野球を始める際にも出来るだけ世界のルールで教えていきたいものです。
posted by ころっけ(男爵) at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

ホンダ インサイトは納車まで1ヶ月待ち!?

ホンダのハイブリットカー「インサイト」の売れ行きが好調みたいですね。
今月6日の発売後、今週末までに受注台数が1万5000台となり、
ホンダが設定した月間の販売目標の3倍を達成する見込み。
おそらく2月の車種別販売台数のトップを飾ることになるでしょう。
ちなみに1万台を受注したのは発売からわずか11日後で
見事なスタートダッシュを切っています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090224-00000569-reu-bus_all

しかし、生産体制が追いつかず今から注文しても
納車は4〜5月になってしまうそうです。
ここらへんの影響も多少あってか、
ホンダの代表的な小型車「フィット」も売れ行き好調のようです。
「インサイト」目当ての来店客が増えたのも要因の一つ。


「なぜ、インサイトはウケているのでしょうか?」


ちょっと考えて見ると、
やはり、「低燃費」であること。
世界市場が冷え込む中では、少しでも出費を減らそうという意識が働きます。
そして少しかぶりますが、「環境に対応した車」だということ。
これも近年のトレンドと言えます。
またオバマ米大統領のグリーン・ニューディール政策も
環境への意識を加速させているのではないでしょうか?
そして最後に「低価格」であること。
「おいっ最低でも189万円が安いのか?」と言われそうですが、
これはトヨタのハイブリットカー「プリウス」と比較して安いということですね。
他にも要因は考えられるでしょうが、代表的なものを3つほど挙げてみました。

金融危機以降の車業界の不振はさんざんニュースで流れ
耳にタコという感じですが、需要をきちんと抑えていれば
この不景気の中でも車を売っていけることが分かると思います。

また国内の他の企業に目を向ければ、
2008年の業績が過去最高となった企業も実際に60社以上あるのです。
それらの会社がどのようにして業績を伸ばしたのか、
もしくは経済環境の変化がどう寄与したかを考えると
今後の景気回復の1つの鍵となる気がします。

そのとっかかりの例を挙げると、昨年10−12月期のGDPが
年率12.7%のマイナスだったことは記憶に新しいと思います。
しかし、内需に関しては0.3%しかマイナスになっていないのです。
じゃあどうしようか?と言うところですが、
それはまた機会があれば書いてみたいと思います。
posted by ころっけ(男爵) at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

桜の開花予想は早め?

今年の桜の開花は例年より早い見込みのようですね。
ウェザーニューズによると全国で過去5年の平均より3日ほど早いようです。
特に関東は4日、東海は5日も早くなるとのこと。

というのも今年の冬は暖かくありませんか?
特に2月に入ってからは暖かい気がします。
25度まで気温が上がるなど、冬じゃなく初夏のような日もありました。
ただその後に寒くなって気温差が激しくなるのがやっかいなんですよね。
今日は寒かった。本を読みながら歩いていると手がかじかむ・・・。
でも手袋をすると上手くページをめくれないし、
「指あき手袋ならOK?」と考えたりする今日この頃。
みなさんも体調管理にはお気をつけて。

年が明ける前あたりでは「ユニクロのヒートテックインナーが売り切れ続出」と
この100年に一度の景気後退の中、ユニクロの好調さがクローズアップされていました。
(「ってことはその時は寒かったんだっけ?」と記憶が怪しいのはナイショ。)
みんなの財布の紐が固くなり出来るだけ安価な商品を買うようになったことも
売り切れとなった要因の一つでしょう。

年を開けてからは札幌の雪祭りは大変だったそうですし、
榛名湖で行われるワカサギの氷上穴釣りが中止になるなど
暖冬の影響が確実に出ているようですね。
あとやっぱりという感じで暖房用品が売れていないそうです。
これは知らなかったのですが、「1〜2日寒いのではなく、
1週間くらい寒い日が続かないと売れてこない」とありました。
しかももう春が近いですから、今後寒い日があっても厚着で何とかしようって
思ってしまいますもんね。

夏は暑く、冬は寒い。きっちり寒暖があった方が景気のためにはよいのですが
今シーズンははずれてしまいました。
麻生さんもちょっぴり運が悪かったですね。
(毒を吐くと国民はもっと運が悪いかもしれませんが)
中川さんの辞任の影響もあってか支持率11.4%ですか・・・。
posted by ころっけ(男爵) at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

Yahooの検索に引っかからない・・・。

ブログサイトを開設して一週間が経ちました。
今回で7回目の更新になります。

Googleの検索には引っかかるようになっていて、
思わず表示結果にニヤニヤしてしまいました。

しかし、Yahooの検索にいまだに引っかかりません。
http://blog-search.yahoo.co.jp/」の検索フォームに
このサイトのURL(http://saku2nikki.seesaa.net/)を打ち込んでも出てこないのですよねぇ。
「PINGも送信しているのに何でだろう?」と不思議に思っています。
(PINGの意味も完全には理解していない身ですが)
Yahooのニュース記事にトラックバックをしてみたら
もっとアクセスしてもらえるかな?と淡い期待も持っていますが、
それ以前にYahooの巡回の対象にならないといけないようです。

調べて見ると検索サイトにそのためには
ブログ記事投稿の際にpingを送信しましょうといろいろなサイトに書いてありました。
Yahooの場合には「http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2」ですよと。
SeesaaブログではデフォルトでPINGをそこに送る仕様になっているみたいですね。
(Googleやブログ更新情報サイト等にも知らせてくれるようで。)

仕方がないので今日はちゃんとYahooのヘルプを見てきました。
(最初に調べるべきはそこだろうというツッコミはなしでお願いします。)
それで分かったのは「PINGを送信(サイトを推薦)しても
Yahooの検索対象のデータベースに必ず載るとは限らない」ということ。

とりあえず今までの投稿で爆弾発言とかはしてないつもり・・・(汗)
内容がうすい?のはブログのコンセプト上仕方ないとして(勝手に納得)
まぁ前向きに考えて、更新に励んで行きましょうと結論に至りました。

でもでも、何もしないってのは何なのでヘルプにあったもう一つのPING送信方法
http://api.my.yahoo.co.jp/rss/ping?u=あなたのサイトのRSSファイルのアドレス
というのをガツンと一発かましたりました。
これがうまくいけば数時間後にはこのサイトもYahoo進出!?と野望が一つ叶いますが、
果たしてどうなるでしょう?
posted by ころっけ(男爵) at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

キレる親急増

「私の子供を返せっ!!」と親が叫ぶ。
このセリフからどんな状況をイメージするでしょうか?

小説やドラマなどでは親が子を心配し、守ろうとするシーンなのかな。
しかし、今回のお話はまた別のものです。

児童相談所の職員が保護者に暴言・暴行を受けるケースが増加しているそうな。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090221-00000624-yom-soci
児童相談所は虐待を受けた児童の保護を目的の一つとしています。
職員と保護者の間でトラブルが増えている背景には、
「児童相談所が積極的に立ち入り検査をするようになった」
という点があるようです。

子供を返すまでは帰らないと居座ったり、電話やファクスを執拗に繰り返したり、
ひどいものになると職員に刃物で切りかかる。職員を壁に突き飛ばすなどの暴行を加える。
傷害や公務執行妨害容疑で現行犯逮捕されることもあるという。

どういう心情からこのような行為に及ぶんでしょうね?
そもそも子に虐待をするのは「何か抑圧されたもの」があると想像できますが、
そのストレスの捌け口が子ではなく職員に置き換えられただけなのでしょうか?
もしくは自分が虐待をしていると認めたくないから職員に対して攻撃的になるのでしょうか?

世の中は思い通りにならないことでいっぱいです。
そのストレスを他人に向けて発散するのは不幸の螺旋を生むような気がします。
「どうしようもなくて子供にあたってしまった」と耳にすることがあります。
しかし、冷静になった時に自分を責めるのではないでしょうか?
それがまたストレスを生むという螺旋。
子もその体験を抱えて成長していきます。
想像すると胸が痛くなりますね。

人に話して楽になった経験は誰しもが持っていると思います。
現代は携帯やインターネットの普及で簡単にコミュニケーションが取れるようになったはずなのに、
気を遣ったり、心のコミュニケーションはとりづらくなっているような。
他人に対してどこまで心を許しているのか?を考えると
昔より距離を感じる気がしてなりません。
posted by ころっけ(男爵) at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

セブンイレブンが儲かる仕組み

といってもセブンイレブン本部が儲かるお話。
コンビニエンスストア最大手のチェーンですが、同じ名前でも直営店と加盟店があります。
セブンイレブンの収益の7割は加盟店からの収益であるそうな。

この加盟店のオーナーはセブンイレブン本部とフランチャイズ契約を結び、
店舗を運営していくわけなのだけど、いろいろ明文化されていない暗黙のルールがあるようで・・・。

「コンビニはなぜ値引き販売をしないんだろう?」

と思ったことはありませんか?
同じ期限の商品でもスーパーでは値引きシールが貼ってあって、コンビニではない。
いつしかそういったことを普通に感じるようになってしまった。
コンビニってそういうものなんだと。
廃棄代がかかっても値引きはしないのだと。

セブンイレブンに公正取引委員会の調査が入るようです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090220-00000032-jij-soci
ポイントがこの値引き販売をしないことを、お店側の人間が判断したものではなく、
本部側が有利な立場を利用して値引きをしないように圧力をかけていたかどうか?
「本部の言う通りにしないとフランチャイズ契約を打ち切るぞ」なんて言われたら
オーナーは従うしかないかもしれません。
あくまで可能性があるという表現にとどめますが。

さて、タイトルの儲かる仕組みについてですが、
本部は加盟店からそれぞれ決まった割合のロイヤルティー(チャージ)を受け取って収益としています。

あるお店でお弁当が10個売れました。
売上高からお弁当の仕入れ原価を引いたのがお店の利益になります。
ロイヤルティーが50%だとすると、
この利益の半分は本部に吸い上げられ、残りの半分で店舗の運営をしていきます。

全部売れればまだ話は単純なのですが、例えば7個売れて3個売れ残り、廃棄することになったとしましょう。
本部とお店の取り分も10個売れた時の7割ずつです。
本部は3割分損してしまいましたね。
しかし、お店側はそこからさらに損をします。3個を廃棄処分するための経費はお店もちなのです。
本部は商品が売れさえすれば利益になりますが、
お店側は廃棄が出る割合によっては赤字になることもあるのです。

今回の公正取引委員会の調査によって改善命令でも出れば
コンビニでも値引き販売をするようになるかもしれません。
一部では値引き販売を強行している店舗もあるようですが。
本部側としては頭が痛いのでしょうね。
値引きをすれば利益が減りますし、消費者も馬鹿ではありませんから
値引きを狙って買い控えをする可能性もあります。
なので値引きのノウハウも本部側は指導しなければいけないでしょう。
しかしお店側にとっては、売れ残るのをただ指をくわえて待っていたのを
値引きによって防げるのなら廃棄代だけでも減らす自衛手段となります。
廃棄代なんぞ関係ない本部と関係のあるお店ではまるで見方が違うでしょうから。

こういった複雑な仕組みを作ることはサービス提供者側には有利になるのです。
携帯電話の料金サービスが分かりやすいでしょうか。
自分に合ったコース・プランを選んでいればよいのですが、
めんどくさいから・知らなかったからなどの理由で損をしている利用者は沢山います。
利用者も賢くサービスを利用したいものですね。

posted by ころっけ(男爵) at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

石川遼クンがいよいよ米デビュー

最近は「ハニカミ王子」ではなく名前の石川遼で見出しになることが多くなりましたね。
それだけニックネームに頼らずとも興味を引く存在になったということでしょうか?
宮里藍や横峯さくらが牽引した女子プロゴルフブームを一人でひっくり返してしまった人気者ですが、
彼の才能はもちろん、性格も良いですねぇ。礼儀正しさや真摯に練習に取り組む姿勢などからも伺えます。

誰が話していたのかは忘れてしまいましたけれど、こんなエピソードが。
トイレで出会った際、きちんと遼クンが挨拶してくれたのは想像がつきますが、
彼はその後使った洗面台をきちんと拭いてから去って行ったそうです。
他人への気配りがちゃんとできているのですね。
それも16か17歳の高校生なんだからしっかりしているなぁと思いました。

その遼クンが米国男子ツアー第7戦「ノーザン・トラスト・オープン」に参加するそうです。
カリフォルニア州にあるリビエラ・カントリークラブで開催され、
他の主な参加選手はフィル・ミケルソン、パドレイグ・ハリントン、ビジェイ・シンなど。
ちょ・・・ちょっと強すぎるんじゃ・・・。大物が多いですね。
ここにタイガー・ウッズなんていた日にはどんなメジャー大会かと。

「うん、ここはいい経験になるね。頑張って遼クン。アハ。」

さすがに上位進出は想像できましぇん。
でも世界の一流プレイヤーを間近に見られるだけでも勉強になりますからね。
慣れないアメリカのコース。硬いグリーンやパワーを要求されるラフにどう対応していくのかも見物です。
彼自身、今回はどこに目標をおいているのかな?ひとつでも多くのものを持ち帰ってきてほしいです。
私の予想なんかあっさり覆して上位進出なんてことも?アメリカツアーの賞金は日本よりもっと多いし、
日本のRYOとしてアメリカの注目を集めてもいいかもね。
まずは予選突破が最初の目標かしら?
posted by ころっけ(男爵) at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。