2009年03月31日

期待の若手日本人力士をピックアップ

昨日の記事は外国人力士だけの話になってしまったので、
今日は日本人力士について書いてみようと思います。
とは言うものの『横審委員「大関にも格下げ、引退勧告を」』みたいな
不甲斐ない大関陣を対象にするのも気が進まないので
独断と偏見で2人の力士をピックアップします。

めでたく選ばれたのは稀勢の里と豊真将。
長きに渡って日本人で強い関取が生まれてほしいと言われていますが
稀勢の里に期待をしている人は多いです。
彼は気合が表に出て、見ている側も気持ちがいい相撲を取ります。
これがハマると上位の力士でも圧倒することがある反面、
格下の力士には気合が乗らないのかポロッと負けたりします。
まさしくムラッ気が強いのでしょうね。

稀勢の里は近年では珍しく中学卒業後に角界入りしています。
そして貴乃花に次ぐ2番目の若さ(18歳3ヶ月)で入幕を果たし、
「これはすごい若手が現れた」と評判になりました。
しかしここから成長が鈍化してしまった印象です。
新入幕から4年余り経ち、体は大きくなり地力も付いているのですが、
「大関にもなれないかも?」と私の中では期待がしぼみつつあります。

所属している鳴門部屋の方針で、彼はほとんど出稽古に行きません。
「もっと強い力士」と稽古をした方がいいと思います。
稽古の相手は専ら同部屋の若の里です。
部屋の若い衆を鍛えるのも大事ですが、他の力士からも学ぶことは沢山あります。
今場所は不甲斐ない成績で関脇も陥落となりましたが、
来場所に向けて稀勢の里が変わってくれればいいなぁ。

もう一人の豊真将は27才と稀勢の里よりも5つ上ですが、
中卒で角界入りした稀勢の里とは対照的に、
新弟子入門の規定ぎりぎりの22歳11ヶ月で初土俵を踏みました。
またアマチュア時代にもブランクがあり、
年のわりに使い減りをしていないというか相撲年齢は若いと思います。
彼の勝ち負けに関係なく深々と礼をする姿勢や、
質実剛健な相撲も玄人好み?で人気があります。

2場所連続で11勝4敗の成績を上げ、敢闘賞ももらいました。
いよいよ来場所は稀勢の里よりも番付が上になりそうです。
新入幕から何度も大勝をしては薬が体に合わなかったり、
手首を手術したりと幕尻まで落ちるのを繰り返しでしたが、
「今度こそ」と期待せずにはいられません。
posted by ころっけ(男爵) at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

白鵬、朝青龍、日馬富士、琴欧州・・・。あ・・・あれ!?

大相撲3月場所は白鵬の優勝で幕を閉じました。
大相撲 全勝優勝の白鵬に称賛の声…横綱審議委
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090330-00000029-maip-spo

私は好きな巨人でも若手好きなのですが、
相撲でも「まだこれから」という若い力士に興味がいってしまいます。
どれだけ成長するのか?「将来の可能性」を見るのが好きなのです。

白鵬は24歳と若くまだまだ強くなる可能性を十分に秘めていますが
幕内で抜けた存在になりつつあり
興味の対象からはややはずれてしまいました。

もう一人の横綱朝青龍も28歳でまだまだ頑張れるはずですが、
本人のコメントや相撲関係者の論評では「いつまで現役でいられるか」と
心配する声がかなり増えてきました。

最近は30を超えても現役を続ける力士が増えました。
長く現役を続ける力士に共通するのは「豊富な稽古量」。
しかし、朝青龍の稽古量は番付が上がれば上がるほど減っていき、
横綱になって以降は「敵無し状態」だったこと、
「場所前の調整能力が極めて高かった」ことなどで
悪く言えばサボり放題になってしまいました。
今場所、白鵬に力の差を見せ付けられたのも当然の結果かもしれません。

横綱を追いかける大関陣で一番勢いがあるのは日馬富士。
さて、ここまで挙げた3人はすべてモンゴル出身の力士です。
個人的には相撲や人間性を見る限り白鵬が一番好きです。
朝青龍は土俵の内外で問題が多すぎで、
日馬富士は目先の勝利に囚われすぎなのが好きになれない。

若い大関というと琴欧州はあの恵まれた体躯を見る限り
「どれだけ強くなるだろうか?」と物凄い期待をもって見てきました。
膝の故障やメンタル面の弱さもあって伸び悩んでいますが、
上位陣の中では一番応援しています。
いまだに「自分に合った相撲が見つけられていない」というか
「自分の相撲に徹し切れていない」というか、歯がゆい思いも重なります。

ここまで、日本人力士の名前を挙げられないのが残念。
期待を抱かせてくれる「侍の心?」を持った若手が早く出てきてほしいこの頃です。
posted by ころっけ(男爵) at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

小中学生の睡眠時間が短くなっているのは携帯のせい?

はたしてそうなのでしょうか?

「布団の中でケータイ」中3の76%…学習理解にも影響?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090327-00000060-yom-soci
布団の中で携帯電話を使い、睡眠時間が短くなっている小中学生が増え、
勉強にも影響が出ていることが、神奈川県相模原市立総合学習センターが
まとめた携帯電話の利用実態調査でわかった。

記事の中身としては、
「夜、布団に入ってからも携帯を触っているか」の質問に対し
「よく触っている」と答えた中学生のうち70%が
就寝時間の平均が夜11時以降と睡眠時間を削られている。
また、「家で勉強している時に携帯を気にする」生徒では学習理解度が低下するなど。

この結果を受けて教育機関はどのようなアイデアで
対応していくのかに興味を覚えます。
「なぜ携帯に依存するのか?」で済まさず、
もっと「なぜ?」を繰り返し、問題を掘り下げていってほしい。
真の原因をつかまなければ根本的解決には繋がらないからです。
半端な対症療法がお役所仕事の得意技なので、それが心配です。

それに携帯のせいで睡眠時間が短いと本当に言えるのでしょうか?
他にも色々原因は考えられると思います。一例をあげると
10代の若者はその親の世代と比べると夜眠くなりにくいのです。
大抵の若者が眠気を誘発するメラトニンの分泌が始まるのは23時以降と遅く、
そのため早く眠ろうとしても寝付けないということが多々あります。
「ではどうしたらいいか?」
アメリカでは学校の始業時間を1時間遅らせた結果、
学習効果が上がったという報告もあります。

理解を妨げているもの、逆に学習効果を上げるものを
多面的に調査、検証し教育制度を見直していってほしいと思います。
posted by ころっけ(男爵) at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

日本がバーレーンを破りA組単独首位に 予選突破の確率は?

今回の勝利で日本がワールドカップ南アフリカ大会に出場できる確率は
どれくらいになったと見たらよいでしょうか?
5チームのうち2チームが予選突破となる今回のリーグ戦ですが、
上位2チームと3位以降のチームの勝ち点差が広がり
本戦出場に向けた戦いの流れが大きく変わったと言えるでしょう。
個人的には本戦の切符を手にする確率は7〜8割くらいになったと
見てもいいかなと思っています。

<サッカーW杯>日本、バーレーンを破りA組首位に 中村俊、決勝ゴール
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090328-00000028-maiall-socc

試合前、そして試合後のインタビューでも言っていた通り
「勝ち点3」を狙っていた今回の戦いだと考えます。
上位2チームが抜けるルールでは3位のチームを叩くのが
一番注力すべき目標となります。
しかし相手のバーレーンとは去年3月以降4度対戦して2勝2敗。
決して油断はできない相手でした。

前半から日本の圧倒的なボール支配率でしたが、
流れの中での決定的なチャンスは作れていませんでした。
「前半からバーレーンは飛ばしているな」と見ていました。
中盤からの積極的なプレスで日本は技術で何とかキープはするものの、
余裕を持ったボール回しとはいかない感じでした。

圧倒的な高さを誇るバーレーンのDF陣の壁に跳ね返される展開が続き、
先制点を取れたのが後半開始直後。
玉田がファールをもらい、ゴール前でのフリーキック。
俊輔の蹴ったシュートが相手ディフェンダーに当たり
うまいことコースが変わってゴール右上隅へ。
「正直ホッとした」
このままずるずる0−0の展開なんて心臓に悪いですからね。
ボールが当たった3番の選手は本当に大きくて、むしろ当たってくれてありがとう。
空中戦は分が悪かったですが、疲れの見え始めた後半は
ゴール前の決定的なチャンスも作れて内田の惜しいシュートもありました。
1本くらい決めてほしかったですけどね。

試合のなかったオーストラリアを抜いて暫定でリーグ1位となり、
日本の次の試合は6月始めのウズベキスタン戦となります。
日本が「次の試合に勝てば本戦出場確定」となる可能性もあるので
今日もう一試合あるウズベキスタン−カタール戦の結果には要注目です。
posted by ころっけ(男爵) at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

バンクーバー五輪での男子フィギュア出場枠が「3」に

小塚君は「良」。織田君はギリギリで「可」というところでしょうか。
無良君はうーん・・・。「可」ですかね。
彼なりに力を出し切ったと思います。

<世界フィギュア>男子、戦後初の五輪枠3…小塚の6位最高
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090327-00000062-mai-spo

今回の世界選手権は、2010年バンクーバー五輪の出場枠をかけた大会でもありました。
日本の出場枠を「3」とするためには
「上位2名の順位の合計が13以内」であることが条件となります。
日本のエースと呼ぶべき高橋選手がいれば表彰台を争えたのでしょうが、
膝の手術で今シーズンを棒に振ってしまったため、
織田・小塚のコンビで上位進出が必須条件でした。

そのような状況の中で、小塚君は出場枠を減らしかねないリスクは避け、
かなり守りの演技構成だったと思われます。
プレッシャーもあったでしょうが無難にまとめてくれました。
1年前の小塚君なら「高橋君がいないんじゃ織田君だけ上位に入っても・・・」と
出場枠3への戦力とは期待されなかったかもしれません。
それほど今シーズンの成長はすごかった。
結果、最終グループでフリーを滑走するほどになりました。

織田君は攻めましたね。「4回転」も成功させました。
でもまたもや「ジャンプの規定違反」
「前もあったなぁ」と思いましたが、世界選手権で3度目みたいですね・・・。
「攻めすぎ?」
これで10点ほど損したようです。
それでも7位に入り、小塚君が6位だったので合計で「13」。
ギリギリですが、日本の出場枠を「3」にすることができました。
五輪の代表は高橋・織田・小塚が怪我なくいければこの3人でしょう。

最後に無良君は「世界との差」を感じたのではないかな。
自分の課題を見つけるのも大事なことです。
何が足りないかを明確にし、それを意識して練習することが上達への一番の近道です。
貴重な経験になったと思います。
posted by ころっけ(男爵) at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

朝青龍はガス欠?それにしても大関陣は不甲斐ない。

朝青龍が大関・琴光喜に寄り切られ昨日に続く黒星、
全勝で突き進む白鵬との星の差が2つになりました。
直接対決を残しているとは言え、
残り3日間なので優勝は白鵬でほぼ決定的かな?
朝青龍、痛い2敗目 白鵬12連勝で独走/春場所
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090326-00000516-sanspo-spo

今日の白鵬は日馬富士を危なげない相撲で下しました。
私は平幕の頃の安馬(日馬富士)は大好きでした。
細身の体で突き刺さるように立会い、
がむしゃらにしがみついてでも勝つ姿勢に
今の日本人力士にはない必死さが見て取れたからです。

その後三役にあがり横綱・大関と対戦するようになってから、
立会いで変化が目立つようになりました。
日本人とは価値観が違うと言われるとそれまでなのですが、
重要な一番ほど変化をする印象なのです。
(あくまで私の主観です)
「また変化をするのかな・・・。ああやっぱり」だと
興醒めしてしまうのが本音。

大関の格を重く見たのか、日馬富士になってから変化を封印していましたが、
昨日ついに朝青龍相手に注文相撲。
横綱に正面からぶつかって勝てる大関はいないのか・・・。

まぁ正面からぶつかって簡単に白星を献上する先輩大関はいるんですけどね。
本来なら魁皇・千代大海を引退に追い込むくらいに
若手が台頭してこなきゃいけないのだと思っています。
琴欧州はメンタル面と右膝の爆弾。
琴光喜はもう30歳過ぎていて上積みは難しい。

そしてベテラン大関お得意のカド番→勝ち越し→カド番の繰り返しは本当に勘弁してほしい。
いっそのこと勝ち越しじゃなくて10勝以上で陥落回避に
ハードルを上げてほしいです。
横綱を脅かすような強さじゃないなら大関はいりません。
posted by ころっけ(男爵) at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

「おかえり日本代表」と「センバツで見つけたドラフト1位候補」

WBC日本代表選手が帰国し、会見をしました。
村田選手に原監督が金メダルをかけるシーンがとても印象的でした。
負傷離脱の村田、金メダルに笑顔!「重たいな」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090325-00000520-sanspo-base

優勝したらしたで報道陣のインタビュー等に時間をとられる選手が
少しかわいそうではあるのですが、
何度観てもうれしいもので、体中に幸せな感覚が溢れます。

また今日はセンバツの試合を少しですが観ることができました。
花巻東の菊池投手。噂には聞いていましたがすごい投手ですね。
左腕から繰り出されるストレートとスライダーで鵡川打線を2安打完封と。
途中まで「完全試合をしてしまうのでは?」と思わせるピッチングでした。

菊池投手が明ならば、慶応の白村投手はまさしく暗。
超高校級のストレートの伸びは存分に見せてくれました。
しかし、勝ちを意識してしまったのか味方が1点を先制した直後に失点し
立ち直ることができずに敗戦となりました。
春の選抜 組み合わせが決定 甲子園での早慶戦なるか」でも書きましたが
変なところでポロッと負けるのが慶応らしいというか
それはそれで悲しい。

夏への課題はコントロールと磐石のスタミナ作りというところでしょうか。
本人も「課題が見つかった」とコメントしており、夏に向けて期待したいです。
とはいえ神奈川の夏の予選は厳しいですから、
TVKの中継で放送される地点までは勝ち抜いてほしいものです。

上の菊池投手はドラフト1位候補でしょうね。
巨人は長野選手を1位確約してしまっているので縁がないかもしれません。
まぁセンバツも始まったばかりですし、
夏の甲子園で彗星のごとく有力候補が現れる可能性も否定できません。
でも良い投手だなぁ。
posted by ころっけ(男爵) at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

WBCで見事2連覇!!みなさんのMVPは誰ですか?

WBCで日本が2連覇ですよっ!!
MVPには松坂投手が選ばれましたが、みなさんの中のMVPは誰ですか?
Yahooで投票を受け付けてますね。
http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/quiz/quizvotes.php?poll_id=3586&qp=1&typeFlag=2
私個人としては、岩隈投手にあげたかったなぁ。

今日は観ていて本当に苦しくなる試合でした。
打てども打てども点数が入らない・・・。
いや少しずつは入るのですが安全圏の点差を付けられない。
韓国にリードを許すシーンがなかったので精神的にはまだましでしたが、
終わってみれば15安打で5得点なのだから、
内容的にはよろしくないです。
おかげで14個の残塁とビッグボールのような結果に。

韓国は5安打3得点5残塁ですから、こっちの方がスモールボールをやってる?
しかし、今日ほど「結果が全て。勝ちさえできればいい」試合はないわけで。
勝ったことには大満足です。

MVP獲得の松坂「岩隈くんに悪いな」と謙遜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090324-00000516-sanspo-base

そして冒頭に書いたようにMVPは松坂投手が選ばれたのですが、
今大会は本当に日替わりでヒーローになるというか
沢山の選手が活躍したなぁと思います。
毎試合コンスタントに出塁してくれた青木、
攻守に渡り良いプレーを見せた中島、
勝負どころで貴重な打点を上げてくれた小笠原、
男の戦いざまを見せ付けてくれた村田、
チャンスで打ちまくった内川などなど。
今日は本当にだめだめでしたが城島選手だって大会通じて打率333ですしね。

北京五輪と比べると調子の悪い選手がほとんどいなかった。
選ばなかったのが大きな違いだと思います。
「短期決戦では調子の良い選手を使う」が見事に実践されました。
イチローは期待された数字には及ばない成績に終わりましたが、
最後のおいしい所をさらうあたりに持っている運を感じます。

ダルビッシュ、松坂、岩隈の3エース(私の期待順)ももちろん活躍してくれましたが、
杉内は投球イニングこそ短いですけど抜群の投球でした。
田中マー君も良い経験しましたねぇ。
山田コーチは継投に抜群の采配を見せてくれました。
大会前は「原の仲良しグループ」とアンチ的な記事も書かれましたが
見事優勝し見返してくれたのがうれしい。
まぁここで手のひら返すのがうまいから新聞も売れるんでしょうけどね。

最後に侍ジャパン優勝おめでとう!!
posted by ころっけ(男爵) at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

当たらないものにいくら使ってるんだ?

「MD(ミサイル防衛システム)」のために年間どれくらいの予算が使われているか
みなさんはご存知ですか?
このMDが最近話題となる機会が増えた要因に
北朝鮮が「人工衛星」打ち上げるためと称して、
長距離弾道ミサイルの発射準備を進めていることが挙げられます。
そのミサイルが日本上空を飛ぶ可能性があり、
政府が迎撃を検討しているというニュースが以前流れました。

MDで「当たるわけない」=北ミサイル、迎撃を困難視−政府筋
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090323-00000168-jij-pol
北朝鮮が長距離弾道ミサイルとみられる「人工衛星」を打ち上げた場合に備え、
政府がミサイル防衛(MD)システムによる迎撃を準備していることについて、
政府筋は23日「突然撃ってきたら当たるわけがない」と述べ、
迎撃は困難との見方を示した。
 政府筋は、ミサイル発射から7、8分で日本に到達するとされることから
「浜田靖一防衛相が麻生太郎首相に報告した時にはもう終わっていて間に合わない」と指摘。
その上で「見ているしかないだろう」と語った。
 


常識的に考えて「報告→迎撃」ではなく、
「迎撃→報告」でないと7,8分には間に合わないでしょう。
これはMDの導入の時点で想定、マニュアル化されていないとおかしいのでは?
記事の政府筋がどのような人物なのかは分かりませんが
この指摘・根拠には疑問を感じます。
(夕刊紙ではなく、時事通信なので何とも言い難い・・・。)

冒頭のMD予算の金額は2008年度で1714億円です。
ここ最近は毎年1000億円以上を使っています。
そして、迎撃したとしても外れる可能性の方が高いでしょう。
技術的にはそれほど難しいものなのです。
ものすごいスピードで飛行している物体を打ち落とすわけなので。

結局のところMDの技術開発及び配備推進を進めている米国の予算を
日本が肩代わりしているだけと私は考えています。
アメリカのドラマ「ホワイトハウス」でも迎撃実験が失敗するシーンがありました。
それもとんでもない距離の誤差で・・・。
随分前の話ですから進歩はしているとは思いますけどね。
posted by ころっけ(男爵) at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

キレイなトイレは個室と同じ!?

「トイレ難民って?」

都会で行き場を失なったために、
トイレの個室に長時間引きこもって携帯メールや読書を楽しんでいる
人々のことを指すようです。

トイレ占拠、困ります! 今や「おしゃれ空間」…長時間読書も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090322-00000501-san-soci

難民の使い方が合っているのかな?とも思います。
○○難民の○○は、移動してきた人々の出発地点を指し、
到着地点を指すわけではないと思うのです。
以前あった例だと、ベトナムから日本に来たらベトナム難民と表現しますよね。
この場合、日本難民とは言いません。

マンガ喫茶難民という言葉もあるのかしら?
ってググると出ますね・・・(・д・;)
マンガ喫茶ではなくネットカフェ難民の方がメジャーなのかもしれません。
うーん。。。でもこの難民の表現方法には私は抵抗がありますねぇ。
おそらくしばらくは使わないでおいて、
世間一般でこの使い方が常識になってやっと使い始めるかも。
(すでに常識なら私がズレているということですが)

思いっきり脱線しましたが、今日言いたいことは別にありまして。
最近のデパートやスーパーのトイレは本当にキレイになりましたよね。
以前と確かに居心地は良くなりました。
レストランなどでも「その店が本物のサービスを
提供しているかが分かる」チェックポイントとして
トイレを見る方もいると思います。
(訪問先の企業のビルでチェックするためにわざわざトイレを借りるのは
失礼にあたりますのでやめましょう)

が、しかし!ですよ。
いくら居心地が良くてもトイレは
「携帯メールや読書を楽しむ場」ではないと思います。
これは他人への気遣いがないとも言え、
自分さえよければいいと見られてしまうでしょう。
「石川遼クンがいよいよ米デビュー」では
彼のちょっとしたトイレでのエピソードを紹介しましたが、
私はそういう人柄も含めて彼のファンになりました。
(前回の予選落ちのリベンジを果たして遼クンはアメリカツアーの予選を突破しました。
明日朝には最終日の結果も出るでしょう。)

「自分がされて嫌なことはしない」
誰もが親に言われた経験があると思います。
しかし、大人になるとそのたがが緩んでしまいます。
「人の振り見て我が振り直せ」ではないですが、
常に自分を戒める習慣がないと甘えが出てしまうなぁと思いました。
posted by ころっけ(男爵) at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。