2009年05月31日

抑えを2回失敗したようなもんか?

今日は勝てる試合を落としてしまいました。

ひどく疲れた。

岸は良い球放りますね。
今日一番目に付いたのは「ストレートの伸びの良さ」です。
「岸と言えばカーブ」なのでカーブへのハードルが高かったのかもしれません。
後、昨年の日本シリーズで良かったチェンジアップも同様にハードル上げてたかも。
てかよくこの岸から2点取れましたね。
今日の試合展開だと巨人が勝つには1点以下に抑えるしかないように思いました。

実際9回までは何とか凌ぎに凌いで1点で抑えたんですけど、
クルーンがいきなりフォアボール。
もう巨人ファンにはおなじみの劇場開幕。
しかも今日は越智も山口も使っちゃってました。
「頼む!!落ち着いて投げてくれ」って誰もが願ったでしょうよ。
しかし、ツーアウトを取ったものの同点タイムリーを浴びる・・・。
正直「サクッとここで負けてもいいかも」と思いました。
凌ぎましたけどね。

完全に西武ペースかと思いきゃ10回表に坂本が先頭でヒット。
さすがですよ。坂本。
もたもたしつつもツーアウト満塁までこぎつけ、
小野寺はストライクが入らない。
阿部に「全部待て」のサインでも出してりゃ押し出しでしたが、
フルカウントからボール球を振ってセカンドゴロ。
いやらしさが全くない。がっくりでした。

ベンチ前のキャッチボールではなくブルペンで気合を入れ直したクルーン。
去年はそれで次のイニングに良いピッチングをしたこともあります。
しかし、上本、黒瀬、大崎と
「おいおい、イースタンじゃねぇか」
というメンバーにヒットを3本打たれサヨナラ負け。
クルーンは抑えを2回失敗して1敗で済んだからまぁいいかと思うことにしました。

クルーン崩壊…巨人、延長サヨナラ負け
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090531-00000516-sanspo-base


今日は坂本の打率がちょっと上がったのと敬遠気味の四球が
そこそこ嬉しい気分にはなれたかな。
クリンナップは打点を稼いでくれないとなぁ・・・。

あと昨日の最後にちょこっと書いた藤村選手。
降雨ノーゲームながらも2打数2安打1盗塁。
今日はこれが一番良いニュースかなぁ。
ジャイアンツ公式によると左足の怪我だったみたいですね。
いやぁ全く情報がなかったんで初めて知りました。

チャレンジマッチは降雨ノーゲーム、藤村選手が実戦復帰
http://www.giants.jp/G/gnews/news_391598.html
posted by ころっけ(男爵) at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

恐怖症?

巨人らしくない攻撃でした。
先頭打者が何回出たんですかね。
(見直したら9回までで7回先頭が出てました。)
それを送りバントで得点圏にランナーを進めるシーンが何度も見られました。
原監督はそんなに送りバントを指示しない方ですが、
今日は阿部に送りバントをさせるなど「意外」な場面でやってきたり。
初回の松本、9回の木村拓のバントはまぁアリでしょう。

5回の阿部のバントは、解説の栗山はサインと言ってましたが、
あれはサインじゃないでしょう・・・。
一塁ランナー亀井がベースに戻りかけてましたもん。
阿部が閃きでやったがピッチャー前に強めに転がり、
亀井はあわててスタートを切ったものの余裕で二封。
ってところじゃないですかねぇ。

帆足の出来はよかったと思います。
しかし、原監督の作戦も手堅すぎたかなぁ。
どうせだったら左右病を発動させた上の方が良かったです。
ソフトバンクの和田を左打線で攻略したので今回も、と考えたかもしれませんが、
帆足に対してうちの左打者は相当苦しんでましたね。
それを見てのバントなのかな。
去年の負けを引きずってのチグハグな采配?
西武恐怖症かもしれません。

もしくは内海に勝ちをつけてやりたくて、
1点勝ち越しをまず目指したというところでしょうか。
前回に続き、内海は今日も良いピッチングをしてくれました。
惜しむらくはホームランを打たれた球がどちらも高かったこと。
中島の当たりは「あれが入るの?」とガックリくる飛ぶボールホームランでしたけど。
こすった感じでセンターフライだと思いましたよ。
やっぱり高かったかなぁ・・・。

それならうちのバッターもホームランでって思いましたが、
帆足は低めにボールを集めて、飛んでもフェンス際までに留めていました。
内海も良かったけど、帆足も良かったです。
ヒットを許してランナーを出すものの、
ピンチをきっちり切り抜けていました。

原巨人、西武と互いに譲らず引き分け
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090530-00000585-san-base


最後に藤村選手がやっと戦線復帰です。
一軍の低レベルなセカンド争いに割って入ってほしい選手の一人。
藤村選手はどこか痛めてたのかさっぱり分からないんですが。
一ヶ月くらい(もしかしたら2ヶ月?)試合に出ていなかったと思います。
仲澤選手も早く復帰してほしいなぁ。
円谷選手は不調が続いていて、期待したいのは上の2人です。

「フューチャーズ」に巨人から7選手〜31日「チャレンジ・マッチ」
http://www.giants.jp/G/gnews/news_391596.html
posted by ころっけ(男爵) at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

誰が選ばれるのか?

明日からオールスターのファン投票受付です。
今年は7月24日に札幌ドーム。
25日にマツダスタジアムと2試合の開催。
札幌〜広島の移動は結構きついですねぇ。

30日からファン投票=札幌、広島で開催−プロ野球球宴
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090529-00000134-jij-spo


中継は日テレ系とTBS系なので、まぁそれなりか。
TBSはまた番宣を激しく絡めてきそうなので嫌ですが、フジよりはマシでしょうか。

私の好きな野球中継局ランキングとしては
NHK>テレ朝>(テレ東)>日テレ>TBS>フジ
ですかね。
まぁ単純に(実況も解説も含めて)うるさいやつがいるかいないかなんですけど。
後は巨人戦の見易さも大いに関係しているか。
BS含めて最後まで見られるくらい延長してくれるかとか。

さて巨人からはオールスターに何人選ばれるでしょうか?
今年の阪神の調子から言って少し増えるのかな?
それとも阪神ファンが頑張って投票するのかしら。
坂本はファン投票で選ばれる気がします。
小笠原のサードもいけるかな。
外野はラミちゃんが選ばれるかどうか。
キャッチャーも阿部でいけるか。
スンヨプはどうなんだろう?ファン投票で選ばれたことあったっけ?

海の向こうのメジャーリーグでは
イチローをホームラン競争に参加させようとMLB側が画策。
ホームラン競争の出場選手もファン投票で決める方式を取り
「ファンが見たいんだから」という理由でイチローに参加させようとしてます。
商魂たくましいというか上手い事考えますね。

それと6月の復帰を目指すと言っていたような気がする矢野選手。
少しずつ野球の動きを入れたリハビリになってきたようですね。

巨人 矢野「だいぶ野球らしくなってきた」
http://www.sponichi.co.jp/baseball/flash/KFullFlash20090529042.html
posted by ころっけ(男爵) at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

神通力はまだあった。

いやぁすみませんでした。
ゴンザレスの神通力もそろそろ切れそうなんて
昨日書きましたが、これで5連勝ですか。
無四球が続く限り、彼の勝ち運も続くのかもしれません。
5月3日の今季初登板から5連勝と、これは月間MVP確実ですね。

巨人・ゴンザレス、開幕5連勝で球団初の快挙達成!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090528-00000511-sanspo-base



今日はヒットを何本も打たれたけれども、
先頭打者を出したのは7回表だけと大量失点をしないピッチング。
ほとんどがツーアウトから打たれるという
気を抜いた?のかは分かりませんが安心して見ていられました。

先発が抑えて、勝ちパターンの継投をしている限りジャイアンツは強いですね。
やはり課題は「試合を作れる先発投手」ということになりそうです。
去年までのグライシンガーなんてそんな感じだったのですが、
今年は全然ですし、内海は抑えた試合も多いのに打線が沈黙。
東野も内海に近い感じですね。
福田はそれより援護してもらっているけど安定感が劣る。
高橋尚は援護してもすぐ吐き出す。
だましだましやっているのがグライシンガー。
歯車がピッタリ合っているのがゴンザレス。

福田は投げさせるなら、中継ぎはやめて先発でどうでしょうか?
先発じゃないならいっそのこと二軍に落としたほうがいいかもしれない。
交流戦期間中もこの6人で中6〜8日間隔でゆっくり回してみてはいかがでしょう。
それか何人か10日間ずつ落として休ませるか。
先発陣に不調の兆候が出ているだけに、
これを敏感に察知して手を打ってほしいなぁ。
何かしら動くべきだろうというタイミングではあると思います。

それと初登板の深田(ふかた)投手。
スピードガンが一切表示されませんでしたが、
キレキレの球を投げていましたね。
川崎をストレートで三振に取ってゲームセット。
見事なピッチングでした。
ファームでの投球から考えておそらく140キロ前後だったのでしょうが、
今日みたいなコントロールでいければ一軍定着もみえてくる。
この投手の課題は何といってもコントロール。
球質は今日見て頂ければ分かる通り良い物持ってます。
posted by ころっけ(男爵) at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

点を取ってもそれ以上に取られる。

打線はまぁ頑張ってますよ。
平均5点以上取ってるんじゃないですか?
しかし、先発がそれ以上に取られてしまう展開が続いています。
今日のグライシンガーもグダグダな投球内容で
4回2/3で勝利投手の権利も得られぬままマウンドを降ろされてしまいました。

先発が劣勢の状況で降板してしまうので、次に出てくる投手は
所謂「敗戦処理」の投手になるわけですが、
こちらも芳しくない内容です。
取られても納得できる点とできない点があるけれども、
大抵が後者の失点パターンなのです。
今日も久保がピンチで登板し、四球で満塁にした後にワイルドピッチ。
そりゃ見る気なくしますよ。うんざりするような失点でした。

こういう点が終盤重石となって、じわじわダメージを与えてくるのです。
今日の終盤の追い上げも久保の失点がなければ、
期待感もまた違うものになっていたはずです。
交流戦で日程が緩い中、頼りになる先発投手はゴンザレスだけかもしれません。
そろそろ神通力が切れてもおかしくないですし、
内海にしっかりしてほしいなぁ。
グライシンガーは一回ファームに落として調整させたほうがいいのではないでしょうか?
完封後の中4日登板の試合からピッチング内容がひどすぎますね。

投手陣の歯車が狂ったのは交流戦最初の日ハムとの試合。
まぁその直前に野間口を落としたというのも引き金の一つですが、
ここで西村と福田が炎上し、一気にリリーフ陣に暗雲が立ち込め始めました。
いや、敗戦処理陣に〜ですね。
これは先発がしっかりしていればまだカバーできるのですが、
グライシンガーがあの調子ではね。
7割は勝率を見込みたい投手だけに現状は厳しいです。
小谷コーチのいる二軍でチェックを受けた方がいいと思うのだけれど、
契約で落とせないとか、まさかないよね?

<ソフトバンク>今季初の6連勝 巨人終盤追い上げも及ばず
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090527-00000134-mai-base
posted by ころっけ(男爵) at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

WBC組の戦線離脱。

単なる思い込みかもしれませんが、
軒並みWBC日本代表だった選手が故障or負傷に見舞われてますね。
昨日、今日とメジャーではレイズの岩村・マリナーズの城島が負傷し、
DL(故障者リスト)入りとなりました。
特に岩村は膝の前十字靭帯を手術することになり今季絶望!?とも言われています。
WBCの呪い?ってわけではありませんが、併殺崩しにきたランナーのスライディングを
まともに食らってしまいましたからねぇ。
食らう瞬間に足を浮かせていれば衝撃を逃がせるのですが、モロに入ってしまった。

【MLB】岩村が今季絶望に、左ひざのじん帯断裂
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090526-00000210-ism-base


城島も本塁クロスプレーでランナーをブロックしようとしたものの、
足先にランナーのスパイクが入ってしまった形。
「足に心臓があるようだった」と独特な表現をしていましたが、
相当な痛みがあったのでしょう。

国内で心配なのは、阪神の藤川投手。
最近はピンチをこさえることが多く、今日も黒星を付けられ3敗目。
キレで勝負するタイプだけに、捉えられると飛びやすい。
ウイリアムスも本調子ではないですね。
何というかスライダーの曲がりが早すぎる気がします。
久保田も右肩痛ですし、今年はJFKが揃って不調。
まぁ久保田は先発転向しましたけど、たまった疲労が爆発したのかな。
中継ぎの疲労をコントロールするのはやはり難しい。
監督と投手コーチは1年のスパンだけでなく、
3年〜5年のスパンで疲労を見ていかないといけませんね。
posted by ころっけ(男爵) at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

競争にもレベルの違いがあるようで。

今日はスイスイと試合を運べました。
6−2と終盤は勝利を確信して見られたゲームでした。
先発が高橋尚だったので、オリックスの攻撃は別のチャンネルに回していましたけど。

首位巨人4.5差!ガッツが攻守に引っ張る
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090525-00000520-sanspo-base


2点目のホームランは3−1から1点差に追い上げられるものだったので
「またかよー」と思いましたが、その後はきっちり抑えたようですね。
味方も追加点を小刻みに取ってくれたので、投げる方としては気持ちが楽になっていったと思います。
まぁソロホームラン3本はジャイアンツらしいと言えばらしいですが、
8回の松本のタイムリーはしびれました。
初球を狙い済ましたかのようにセンター左にライナー。
昨日もあのような打球になってればとも思いました。

続く坂本がサードゴロ併殺に倒れたのですが、
見ていると少し構えが変わったような気もします。
ほんのすこーしですが、重心が高いような?
4月はもうちょっと沈み込んだ構えをしていた気がするのですけど、
本人が意識してそうしているのか、やはり疲れがきているのか。
これに気づいたのはこの数試合なんですけど、
成績が落ちているわけでもないし、気にしすぎなのかもしれません。

それにしてもセンター工藤と松本の争いはハイレベルですね。
鈴木は今日も初球ポップとだめだめでしたが、
亀井が調子を落とすとあぶれてしまうかも。
左投手が相手の場合はライト谷なのかな?

逆に低レベルな争いをしているのがセカンドです。
そこそこ打てるが、勝敗を決するようなミスをする脇谷。
休み休み使わないといけないが、今年は休んでも調子の上がらないキムタク。
守備は安心して見ていられるが、打撃は期待できない寺内。
ファームの円谷も調子が上がらず、藤村は怪我がち(そろそろ復帰しそう)。
岩舘は出場機会を絞られ気味なので、アピールするチャンスがそもそもない。
といっても岩舘も堅実なプレーヤーを目指さないといけない割りにポロポロエラーするのが何とも。
結局今日もセカンド脇谷でした。
セカンドが穴なのはしばらく続きそうです。
posted by ころっけ(男爵) at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

うれしい初白星。

やっと勝ちましたよ。
豊真将が!!

豊真将、千秋楽に嬉しい初白星/夏場所
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090524-00000511-sanspo-spo


幕内で15戦全敗は1991年の板井以来、
18年ぶりの不名誉記録となるところだったんですね。
「八百長」うんぬんの板井と並ぶのは
礼儀正しい好青年の豊真将を応援する者にとってはすごく辛いですなぁ。
というか板井のあれが18年も前だったとは。

豊真将が嘉風に寄り切りで勝った時には両国国技館は大歓声に包まれました。
やはり相撲ファンの中には豊真将を良く思っている人が多いのかな?と
嬉しく思いました。
豊真将も歓声を受けて、堪えきれずに涙を流していましたが、
取り組み後のインタビューでは
「これだけ応援してくれる人たちがいたのかと思うと涙が止まらなかった」と
泣き崩れるように風呂に入っていったそうです。

番付も相当下がるとは思いますが、また二桁勝つような活躍を見たい。
不調の原因が来場所にも響くようなものでないことを祈るばかりです。
手術経験のある手首かテーピングしている肘なのか、
内臓系にも持病を持ってますし全部じゃないといいですけど。

あぁ幕内の優勝は日馬富士でした。
白鵬との優勝決戦を制し、初優勝。
プレッシャーがかかるとなのか?勝負どころで変化するのは相変わらずでしたが、
優勝争いを面白くしてくれる存在にはなれそうですね。
でも来場所は琴欧州に期待してみようかなと思います。

ニュースを読んでいると日馬富士は来場所にも綱取挑戦?とも書かれていますね。
うーん。。。朝青龍が引退してからな気もします。
posted by ころっけ(男爵) at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

止まってしまった連勝と止まらない連敗。

優勝争いのトップをひた走る白鵬が琴欧州に負けてしまい、
連勝記録が33で止まってしまいました。
白鵬に勝つ可能性がありそうな力士は朝青龍、日馬富士。
それに次いで琴欧州という私の見立てでしたが、
正直言うと琴欧州が勝つとは思ってもみませんでした。
他の力士と比べて相対的に勝つ確率が高そうというだけで
白鵬の好調振りからいって、勝てそうにないと考えていたからです。

勝機があるとすれば、以前勝ったパターンの左に変化気味に立会い
左上手を取る相撲くらいでした。
今回は見事にそのパターン。
左上手を取ってもそこでグズグズしていると
横綱に体勢を整えられてしまいます。
なので琴欧州はその間を与えずに一気に勝負を決めたのが勝因でしょうね。

全勝白鵬に土!日馬富士が1敗で並ぶ/夏場所
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090523-00000514-sanspo-spo


平幕の稀勢の里が今日も勝って2敗を堅持。
「白鵬が負けたから、ここで日馬富士が朝青龍に勝つと
まだ稀勢の里にも優勝の芽が残るな」と面白半分に考えていたら
日馬富士が勝っちゃいましたね。
明日、朝青龍が白鵬に勝つと最大4人2敗力士が並ぶという・・・
まぁないですね。
朝青龍は腰を痛めたっぽいですし、明日は厳しいかも。

そしてタイトルの「止まらない連敗」は
先場所で取り上げた豊真将です。
先場所大勝ちしたのに、今場所は何と初日から14連敗。
勝ったら記事を書こうとしてたんですよ。
それがこんなに負け続けるとはね。
白鵬に絡めてもう書いてしまうことにしちゃいました。
実況では「体調が悪そうだ」までしか情報がありません。
本人も、ましてや師匠は「どこが悪い」と言わない人なので
後々になってから「あの時は実はどうだった」と分かるかもしれません。
明日がラストチャンス!!
頑張れ、豊真将!!
posted by ころっけ(男爵) at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

交流戦初勝利!

楽天先発・永井を迎え、坂本のプロ初先頭打者ホームランに始まり、
松本、小笠原の連打、スンヨプの3ランと
「今日はいけるぞ」と思わせてくれた初回の先制攻撃。
坂本もスンヨプも打った瞬間それと分かる見事な当たりをかっ飛ばしてくれました。

巨人・坂本が初の先頭打者弾!スン様は2発大暴れ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090522-00000522-sanspo-base


一方、巨人の先発は好調ゴンザレス。
初回はランナー一人を出すものの、低目へ球が集まり安心させてくれる投球でした。
しかし、2回の先頭鉄平の打球を松本が判断を誤りスリーベースにしてしまいピンチに。
これはフェンス直撃ではあったのですが、松本の守備範囲の広さなら取れて当然の打球でした。
続くノリさんをセカンドゴロに仕留めて1点を失いましたがランナーはいなくなり
「これで持ち直すか?」と思ったけれどワンナウト満塁まで更にピンチを広げてしまいました。
セカンド木村拓也のエラーも絡んでムードは最悪だったでしょうね。

ここでリックを三振、小坂をファーストゴロに仕留め、
1点でこの回を凌いだゴンザレスは流石の一言。
試合の流れを大きくこちらに引き寄せる見事なピッチングでした。
その次の攻撃でスンヨプにこの日2本目のホームランが出て
完全に巨人に流れが行き、終わってみれば12−2の圧勝でした。

試合後半になると、私の楽しみは「地元出身の星選手を出してくれー」に集中。
ゴンザレスと阿部はセットだったのでしょうね。
ゴンザレスの球数が少なすぎて8回までいってしまいましたから、
星君の出番は9回の投手が久保に代わってからでした。
それでも見られただけよしとしましょうか。
出来れば打席に立つところも見たかったですけどね。
明日は岩隈?だとすると、大量得点は難しそうなので
今日出場する機会が得られてよかったんだと思います。

楽天には今年、小坂が移籍してますし、
同じ地元ということもあって挨拶にも行ったんじゃないでしょうか。
さすがに食事とかには行けなさそうですが。
(21日の夜は巨人で焼肉決起集会だったようですし)
それと小坂は坂本に取っても守備の師匠。
小坂の盗塁で坂本のグラブが弾かれるシーンもあり
師匠が気迫のこもったプレーを見せてくれました。
posted by ころっけ(男爵) at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。