2010年02月14日

打高投低。

いやいやこの時期は投手の仕上がりの方が早いはずでしょ。
それなのに巨人の若手投手陣がピリッとしない出来。
内海も東野も紅白戦で先発したものの共に失点。
ヒットも多いし無四球ともいかず、まだまだ修正すべき点は多そうだ。

東野1失点、内海3失点も収穫の投球
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100214-00000152-sph-base


今日は天候が悪く気温がかなり低かった。
そんな中で投げるのも一苦労だが、悪条件を差し引いても落第点。
おそらく内海も東野もこのままってことはないだろうし、
開幕ローテはほぼ確実だから「今のは良かった」と一球一球の手応えを探りながらの投球なのだろう。
中継が始まった時点で二人はマウンドを降りていたし、
ハイライトではもちろんボコボコに打たれていたので何とも言えない。
内海のカットボールはまだまだ精度が足りない模様。
東野はストレート、スライダーに続いて第三の球が課題なのだが、
コメントはフォーク?
チェンジアップでもカーブでもないのか。
カットボールは第3の球と考えていいのかな。
昨シーズンでも投げているから目新しさはあまりないのだけれど。

ショックだったのが辻内。
「ストライクが入らねー」
カウントを悪くしすぎでどうしようもなかった。
2イニングでフォアボールは5つか?
ストレートは142くらい出てたかな。
暖かくなればもっと出るだろうなと思う。
115キロくらいのカーブはコントロールがめちゃくちゃだったけど球そのものは良かった。
(ヒジの故障暦があるので)投げるのが怖いと言っていたカーブを沢山投げられたのは良い。
125くらいのはスライダーかな?それとも変てこフォークだったんだろうか。
とにかく変化球はまともにコントロールできていなかった。
抜け球が多すぎ。
寒いからか?今日1回で見限ることはないが次回は良くなってないと困る。
ストレートは球自体は良かった。
何にせよコントロールが課題。
posted by ころっけ(男爵) at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。