2010年02月18日

間に合うか?

内海が16日の174球に続いて、今日は210球の投げ込み。
中1日でのブルペンだから、シーズン中では考えられないキャンプならではの風景。
内海が今オフで一番の課題に挙げているカットボールは
未だに自信が持てないようでシーズン開幕に間に合うのか分からない。

<巨人>内海、ブルペンで210球…カットボールの万全期す
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100218-00000083-mai-base


カットボールが曲がらないならまだ良いのだが、
シュート回転する時があるというのが曲者。
基本的に右打者対策として習得に励んでいるわけで、
インコースから真ん中に入ってくるシュートなんて絶好球以外の何ものでもない。

それなら140中盤のストレートを投げられる方がよっぽど良い。
しかし、昨シーズンの内海はストレートでぐいぐい押せた試合は年に2〜3試合ほどだった。
その前のシーズンも中盤から速度が落ち始め、終盤では140前後に。
一年通して威力あるストレートを投げられる方がバッターにとって厄介だと思う。

やはり勤続疲労が内海のストレートから威力を奪ってしまったのだろうか?
そうなると今年も復活は難しいかもしれない。
だからカットボールを交えた投球を確立しようと試行錯誤しているのかな。
ベストはストレートも復調して、カットボールも自在に操ること。
そうすれば打者から見ると前後左右の幅が広がりかなり攻略しづらくなる。
15勝も見えてくるかもしれないが、どうなることやら。

それと辻内が手首痛でリハビリ組に移った模様。
参ったねこりゃ。ガックリなんてもんじゃない。
寒い中、紅白戦で投げたのが原因か?
抜け球も多かったし、フォームが固まりきってなかったんだろう。
負担が手首にいったのかもしれない。

代わりと言ってはなんだが、尾藤が紅白戦で良いピッチング。
ストレート、スライダー、チェンジアップを織り交ぜ2回を無失点。
まだまだ体も鍛えなければいけないし、
一軍レベルになってからという球団の方針があるので支配下は来年くらいかな。
posted by ころっけ(男爵) at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。