2010年02月20日

冬季五輪で一番長い時間テレビに映る競技。

カーリングがダントツに長いんじゃないだろうか?
1ゲームあたり2時間半。
予選リーグで9試合くらい?
準決勝、決勝と戦っていくのだから、ライブで中継しようとすると丸1日くらいになる。

スーパーショットの目黒「狙った以上のことできた」/カーリング
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100220-00000528-sanspo-spo


自分がカーリングを初めて見たのは長野オリンピックだっただろうか?
男子チームのスキップ(調べてみたら敦賀選手)が人気者になった記憶がある。
これが98年のこと。
02、06、そして10年の今回。
カーリングを見ようと思ってテレビの前でスタンバることはほとんどないが、
チェンネルを回してカーリングがやっているとつい見入ってしまう。

カーリングの面白さって何なのだろうね?
やっぱり戦術面のかけひきが一番魅かれる点かなぁ。
最終第10エンド終了の時点で1点でも勝っていればいいのだが、
そこに至るまでの戦略、各エンドでの合計16投の1投1投が繋がっていく。

そして今日の日本女子のイギリス戦を見ていて、
「1投の結果次第では有利不利が簡単にひっくり返ってしまう」
ことが強く印象に残った。

カーリングを何度か見ると「後攻が有利」だと理解できる。
しかし先行チームの戦術や後攻チームがミスをすることによって
途端にその有利さは消えてしまう。
サードや最終ストーンを投げるスキップのプレッシャーたるや。
ここで1ゲーム2時間半という長さ、気力・体力の消耗を考えるとゾッとする。

これが予選だけで9試合もあるのだから大変だ。
今やっと半分ちょい手前。残り5試合。
4戦全勝のカナダとはもう対戦済(惜しかったね・・・)。
もう一つ全勝のスウェーデンも強い。
「最初の4戦を2勝2敗」のノルマは達成したが、
この後の戦いも難しさはほとんど変わらない。
それでも準決勝進出目指して油断せず気負わず頑張ってほしいね。


話は戻って長野オリンピックの日本代表に近江谷という名前を見つけた。
あらやだサードの近江谷杏菜選手のお父さんじゃない。
posted by ころっけ(男爵) at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。