2010年02月27日

長野と山口

巨人のオープン戦が開幕。
その先発マウンドには山口が立った。
長野は3番センターでスタメン。
2人とも手応えを感じたのではないだろうか。


巨人・山口、3回1失点に手応え
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100227-00000724-yom-base


山口は「ペース配分」は意識せずに「最初から全力」でいったのかな。
2回を無難に抑えたが、3回突然崩れた。
連打を浴びた後に動揺したのかフォアボールを出してノーアウト満塁のピンチ。

そしてワイルドピッチ!!

「これはあかん」な場面だったが、
開き直ったのか3人を抑え1失点で凌いだあたりは、
中継ぎでどえらいピンチを経験してきただけはある。
それに球自体は結構良い球を投げていた。
次の先発登板では4〜5イニングに伸ばしてくるだろう。

長野は先制タイムリーで勝負強さを、
内野安打&亀井のタイムリーで俊足を見せてくれた。
この日はこれまで守ることの多かったライトではなくセンターで先発(その後ライトに)。
松本−長野−亀井の外野って凄いね。
交流戦で観てみたい布陣だ。
本気出した日ハムの外野みたいな守備範囲を誇りそうだ。
田口−本西−イチローの外野(懐かしい)には流石にかなわないけれど。


posted by ころっけ(男爵) at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142342238
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。