2010年02月10日

自分から辞めたおかげ?

朝青龍に特別功労金が支払われる。
この記事ではいくらかとは書いていないが、
共同通信で1億2000万円とあった。
懲戒免職だと退職金が支払われないってことがあるが、
形式上は自ら引退届けを出したし、
横審が引退勧告を出したところでそれが懲戒というわけじゃない。

<大相撲>引退の朝青龍に特別功労金 金額は公表せず
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100210-00000054-mai-spo


本人は相撲協会に残るわけでもないし、事実上手切れ金みたいなもの。
協会への貢献に対する報酬と考えているだろう。
一人横綱として相撲界を引っ張り、そして強さも見せ付けた。
武蔵丸引退から白鵬の横綱昇進まで主役は朝青龍だった。

しかしその後はダーティなイメージがついてまわる。
本人のみならず監督が行き届かない、もとい能力がない親方と協会。
これは朝青龍が引退したあとも払い続けなければいけない負債のようなものだ。
イメージ回復に費やされる期間を考えるとお金を払っている場合かとも考えてしまう。

まぁこれは相撲協会が先の理事選挙で露呈した悪しき体質にも要因があるが、
相撲界の魅力を再び高め、ファンに訴えることができるか。
協会は自らの力で成し遂げていけない課題である。
posted by ころっけ(男爵) at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

真澄。

早稲田の大学院に通っているあの人ではなくて、
育成ドラフト・ルーキーの星野真澄。
本ドラフト5位の小野と共にA班のキャンプに参加。
おそらく現在実行中の1日だけの体験昇格か。

二人ともブルペンに入り、阿部・鶴岡相手に投球練習。
星野は育成枠なんだけど星野の評価が高いんだよね。
今日だけじゃなくて内海が目をつけたという記事もあった。
左のスリークオーター。山口をイメージした感じ。
140中盤のストレートとスライダー、チェンジアップ。
ここらへんも似ている。
打者相手に投げているところは見られなかったので、
紅白戦で映ればラッキーかな。

フリー打撃登板の巨人・山口が打者を圧倒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100209-00000614-san-base

先輩の山口はフリーバッティングに登板しなかなかの内容。
コントロールを重視したピッチングで、
全力ではなく8割か9割くらいで投げ込む。
少しずつ力を抜いて投げることに慣れてきた?
先発で長いイニング投げたかったらどこかで力を抜かないと。

星野と小野は全力投球でペース配分そっちのけでOK。
おそらく中継ぎ起用になるはずだ。
イースタンでも先発ではなく後ろで実績を積んでいくのだろう。
星野は一日も早く支配下登録を実現させたいだろうが、
左のリリーバーはけっこうチャンスがあるのでモチベーションを高く野球に打ち込んでほしいな。
posted by ころっけ(男爵) at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

2年目のジンクス。

一軍は3シーズン目になるが、1年やったのは昨シーズンが初めてなので
実質今シーズンが一軍2年目となる。
他球団はシーズン中もやってはいるが、
オフにじっくり東野対策を練り直してくる。

巨人・東野がフリー打撃に登板し「いい状態」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100208-00000618-san-base


昨シーズンの投球内容は一言で言えば無駄球が多すぎた。
最初っからストライクが入らないパターン、
追い込んだはずが決め切れなかったパターン。
ストレートとスライダーの2つしか使えなかったので
どちらかのコントロールが悪いだけでもその日は苦しむことになる。
叩きつけるチェンジアップ、二軍では良い武器になっていたのになぜか使われない縦のカーブ。
シーズン終盤はカットを少し混ぜるようにはなった。

今シーズンは別にこれ以外の球種を増やす必要はないと思う。
なんといってもカーブをもっと使ってほしい。
巨人の若手では木村正太のカーブが出色だが、
東野のカーブも負けていないはずだ。
その次にチェンジアップの精度を上げていければ。
星と鈴木に投げたフリーバッティングではそれなりのピッチング。
やはり去年一軍でローテを任されただけに新鮮味は薄れ、採点が辛くなる。
また注目する点が投球の細かい部分だけに紅白戦など実戦が始まってから再度チェックしよう。

あと今日はドラフト3位の土本がフリーバッティングに登板。
首脳陣や報道陣からも注目を浴びているが、
確かに面白い素材だと思った。
身長はそんなに高くないので角度はあまりつかないが、
指にかかった球は伸びがある。
最初に脇谷と対戦したが、緊張していたのかコントロールが付かない場面も。
確かにケージの後ろには監督、東尾、小宮山、達川、あと川口もいたか。
そりゃ緊張するよなぁ。
続いて亀井に投げた時にはフォークも投げていた。
けっこう落差があるね。
ストレートとフォークのフォームが変わらないらしいので
中継ぎとして期待してもいいかもしれない。
posted by ころっけ(男爵) at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

大入り。

本当かどうか分からないけど、半分近くが巨人のキャンプに詰め掛けたのか。
4万3940人のファンがキャンプ地に足を運び、
巨人のキャンプには1万9000人が来た模様。
この時期になると、九州・沖縄の野球ファンが羨ましい。

G・原監督、1万9000人に「連続日本一」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100207-00000543-sanspo-base


キャンプ地にいけないのでG+のキャンプ中継を食い入るように見る。
今日の収穫は辻内のフリーバッティング登板を見られたこと。
変化球のコントロールはいまいちだったが、
ストレートはけっこうまとまっていた。
安打性のあたりも少なく打者を抑え込んだ印象。

とはいってもこの時期は投手の方が仕上がりが早いので当然の結果ではある。
相手は加藤と脇谷。
内容的には脇谷に対しての投球が良かった。
右打者よりも左打者の方がコントロールをつけやすそうだ。

加藤に投げていたのはカーブかな?
スライダーよりもドロンとしていて大きく変化。
ただしストライクゾーンを掠めるともいかず、ほぼボールばっか。
ストレートの質、変化球の精度ともにまだまだ上げていかないといけないな。

フォーム的には今年から高校時代のスリークォーターに戻したと言うが、
そんなに腕を下げたように思えるほど違いはない。
しかし、スムーズさは格段に上がっている。
このままビシッと決まってくると高校時代の空振りを奪えるストレート復活も期待してしまう。
今日はほとんど空振りを取れていなかった。
まぁ打者もストレートと分かって振っているので仕方がないが。
キャンプ中盤から後半にかけてどれくらい空振りを取れるか。
もちろんストレートで。
去年のイースタンではスライダーを決め球に使う成長を見せたが、
やっぱりストレートで決めるくらいのピッチングをみたいわけ。
左打者から見れば、若干背中越しに球が来るようになったはずだから、
ストレート、スライダーの打ちにくさも上がる。
あとは自滅しないだけのコントロールが課題かもね。
そしたら一軍への切符を勝ち取れるはずだ。
posted by ころっけ(男爵) at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

将来有望だったのに

自分にはオリックスを応援していた時期がある。
こんな書き方だから分かると思うが純粋なオリックスファンではないわけだ。
本当は巨人ファンで大好きだった勝呂(現巨人二軍守備走塁コーチ)がオリックスに移り、
在籍した期間は熱心にオリックスを応援した。

オリックス グラウンドで岡田監督ら黙とう 小瀬選手死亡
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100206-00000008-maip-base


そんなわけで勝呂が去ってから興味が薄れていった中で、
小瀬選手はまたオリックスへの興味を高めてくれる存在だった。
実のところは「オリックスの小瀬」ではなく「近大の小瀬」だったけれど。

小瀬がドラフトにかかった07年オフ。
巨人のセンターラインは壊滅的だった。
つまり小瀬に巨人のセンターを守る選手になってほしかった。
でも縁がなかった。
結果的に巨人が取るには1位で行くしかなかったし、
それ以前にリストアップされていたかも不明なわけで。
全くもって個人的な羨望を浴びせていただけなのだ。

09シーズンに新人王を取った松本とイメージが被る選手。
でも素質は小瀬の方がはっきり言って上だと思っている。
松本が勝っているのは粘りと一塁までの到達スピードだけかもしれない。
走攻守全てで上を行ける選手だった。
決して松本が低いハードルと貶めているわけではない。

ミートセンスが良くプロでも3割を狙える素材だと
アマチュア時代から非凡なバッティングセンスをみせていた。
肩もいいし、センターの守備範囲も広い。
そして盗塁センスもある(ここが羨ましい。松本の課題だから)。
松本では敷かれかねない前進守備を越すパワーもある。
(今年の松本は外野の頭を越す打球を打てるだろうか)
今後、松本を見るときに小瀬を思い出すことが多くなるかもしれない。
死者と比べられるのは松本には分が悪い勝負だけれど、
自分の心の中だけで重ねたりするのならまぁいいよね。

事故なのか、自殺なのか経緯は分からない。
新婚2年目でこの前結婚式を挙げたばかりというのが、
何ともやるせない気持ちにさせる。
今はただご冥福を祈るばかりです。
posted by ころっけ(男爵) at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

受け止め方の違い

「実力があればルールを破っても許される」
モンゴルではそうなのだと新聞記事に書いてあった。
そういう国なので朝青龍の引退は日本側・相撲協会側がヒール役に。

朝青龍、モンゴル大統領狙う!実業家から政治家転身
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100205-00000049-sph-spo


優勝回数の記録を外国人に破られるのが嫌だから辞めさせたという非難や、
ファン層の拡大、売上への貢献などをアピールするのは分かる。
しかし、今回の原因となった不祥事などはほとんど報道されていないようだ。
今までの問題行動も。

冒頭の文化の違いがあるから仕方がないのかもしれないが、郷に入れば郷に従え。
日本の慣習、ルールに倣った処分なので非難される謂れはない。
そもそも日本の常識から判断すればこれでも遅すぎたくらいだと思っている。

電撃的な引退の運びとなった4日だが、
その前日までは甘い処分なのかもしれないと半ば諦めていた。
理事長だったかが「春場所前までにははっきりさせる」云々のことを言ったからだ。
「なんだそれ?またなぁなぁで済ませるの?」
嫌な予感しかしなかった。

それをひっくり返したのは横綱審議委員会なのかな?
報道上は引退勧告を出すことになりそうだと午前中には協会側に伝わっていたようだ。
横審の決議自体は午後だったようだが、朝青龍が決断する以前には結果が出ていた模様。
協会は辞めさせる気があったのかなぁ。
当初の予定では親方と本人の二人から事情を聞くだけのつもりだったらしいし。
その覚悟があったとは言いきれない。むしろかなり疑わしい。

国民世論、文科省そして横審。
何かしらの思惑、やり取り、圧力があったのかなかったのか。
どうだろうねぇ。
posted by ころっけ(男爵) at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

第1クール終了。

4日間で最も注目を浴びたのは山口だろうか?
初日とは思えない威力の速球を投げ込んだと思えは、
日が変わると大荒れで自信を失ったり。

フォームのバランス的なものはおいおい調整していくとして、
今シーズンから先発に回るということもありスタミナ面の手応えを掴んでいけるか。
それと本人が心配しているのはペース配分。
いや力を抜いて8割、9割で投げればいいじゃんって言ってはいけないようで、
抑えて投げるとコントロールがつかないらしい。
全力で5回とかありえそう。

今までを考えたら精神的スタミナもあまりなさそうではある。
ブルペンでは緊張、マウンドに上がったら開き直る。
てか開き直らなきゃ抑えられない場面での登板が多い。
イニング跨ぎで落ち着いた後イニングも
基本その回だけ抑えればという心構えでいけるから。
ペース配分を考えるのは今シーズンが初めてか?

それと長野と大田の打者コンビ。
監督の注目が高いから報道もついてくし。
ただ大田のコンディションが存外に良い。
まぁ一軍に近いのは長野かもしれないけれど。
守備が一軍レベルに達してないかなぁ大田は。

打撃は大田が気持ちよく振っていて打球も飛ばしている。
走塁は意外に速い大田がイースタンで16盗塁を記録し実績を作っている。
長野は大田より速いが社会人に進んでからあんま走らなくなった。
クリンナップを打ってるから走りづらいのもあるだろうが、
大学時代は盗塁王を取るくらいに積極的に走ってたのにね。
プロに入ってどれくらいやれるのか?
特にスタートの思い切りがあるかどうか。
これは実戦が始まらないと確認できないな。
posted by ころっけ(男爵) at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

新しい武器。

金刃が新しい球種に挑戦中。
昨シーズン後半から一軍で時折見られたのがシンカー。
球速は130キロ台で変化も大きくないことからツーシームのようなイメージ。
でもかなり効果的で内野ゴロを狙って取れていた。

金刃はパーム挑戦 カットも覚える
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100202-00000227-sph-base


そして今オフはパームとカットを習得しようと練習しているようだ。
遅いシンカーがうまくいかなかったというのだから
抜く感覚が掴めなかったのだろうか?
断念した理由は腕の振りが遅くなるかららしい。

パームはアマチュア時代も時折投げていたはず。
今のプロ野球だと帆足が使い手か。
あんま投げる人はいないよね。
抜いた遅いボールだとサークルチェンジなんかも良いと思うが、
フォームに合わない球種なのかもしれない。
もともと金刃はスラーブみたいな球も投げるから
それと球速、途中までの軌道がかぶると切れ込むか逃げるか打者を幻惑する良い組み合わせに。

カットも左打者から見れば速いスライダーとスラーブの組み合わせみたいな効果。
右打者にとってはクロスファイヤーがさらに食い込んでくるやっかいな球に。
あとは失投を許されない場面での登板が多くなるので
コントロールの精度をどれだけ上げられるかが今年の課題。

また他にも新しいことに挑戦しているのが、
外野手陣のファーストコンバートというかオプションというか。
ラミちゃんがファーストに納まると外野の守備がマシになる。
ファーストって捕球がそつなくできれば我慢できるポジションではある。
谷も捕球が上手ければ・・・。
って二人とも捕球が下手なんだよね。だからごまかしようがない。
ラミちゃんトンネル5つは流石に多いだろ・・・。
posted by ころっけ(男爵) at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

2日目。

いきなりキャンプ初日を体調不良で休むはめになった坂本が2日目から始動。
坂本は笑顔で他の選手と語り合ったり、
ムードメーカー的存在でチームの明るさも違う気がする。

<巨人>坂本キャンプイン「右方向」を意識http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100202-00000119-mai-base

シーズンオフに「来年も引っ張る」とバッティングの話をしていなかったっけ?
それでも多くの打者が逆方向への流し打ちから始めるのがキャンプでの打撃練習。
小笠原はキャンプ前半は引っ張る打球なんて見られない。
坂本もキャンプの早い時期だけなんじゃないかなぁ。
去年のスタイルを維持しつつ、少しずつ右方向にもいい打球が打てればなんて感じじゃないだろうか。
まだまだライト方向へはポップフライを量産する姿を今シーズンも見ることになると考えている。
けれど、ファンの予想を遥かに上回る成長曲線を見せ付けるのが坂本。
もしかしたらと考えなくもない。

大田もけっこう秋季キャンプから伸びているね。
長野と並んでも打球の速さが違っていた。
下半身もかなり太くなっていて、それが打球の勢いを増しているのか。
原監督も相変わらずの執心振り。
去年の春キャンプでじっくり見られなかったのと違って
今年はキャンプ終了まで毎日のように指導する姿が見られそうだ。

長野は原監督の指導を受けた模様。
初日は篠塚コーチ、今日は原監督と徹底して軸足の感覚を教え込まれている。
まずは土台から、インコースを裁く技術はその後になるのかな?
末続慎吾が来ていたんだね。
スタートのコツを教わったらしい。

西武・片岡とヤクルト・福地が出ていた古田の方程式も面白かったなぁ。
片岡は倒れこむ感覚でスタートを切るとか。
倒れまいととっさに足が出るようなイメージでそのまま足を運んでいく。
福地は・・・。忘れちゃったけど、
意外に次のベースに真っ直ぐ足を踏み出すのが難しいことを教えてくれてた。
巨人の選手は全員真っ直ぐ踏み出せているんだろうか?
posted by ころっけ(男爵) at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

喜ばしいこと。

選挙前の下馬評を覆して貴乃花が理事選に当選。
楽しみにしていたプロ野球のキャンプインよりもこちらについて書いてみる。
確保していた7票に3票の上積みを得て当選確実となる10票を確保できたのはどういう流れだろう?

変化生んだ選挙の「透明化」…貴乃花親方当選
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100201-00001123-yom-spo


選挙前に当選は無理だと思ったニュースがあった。
協会側が選挙の締め付けを厳しくするようだとの内容。
これは以前から投票の際に立会人が書き間違いなどの無効票の確認のために
投票箱に入れる前に票の内容を見る慣習があったこと。
これでは厳密な無記名投票とは言えず透明性が保たれていなかった。

そして貴乃花について二所ノ関一門から離脱した親方6人を含めても7票しか固めていない状況で
造反を防ぐことにやっきになる二所他の一門から票が流れてくる期待感が一気に萎んだ。

それを打開したのは世論や文科省からの圧力ではないだろうか?
朝青龍の度重なる不祥事と管理能力のない相撲協会への不信。
また公平性の保たれていない選挙制度。

記事の通り選挙管理委員長の大山親方(元幕内大飛)は影のMVP。
立会人を遠ざけたり、メディアのカメラを投票場に入れたり。
また投票方式を選択制にして間違えようのない仕組みを作った。

票の流れとしては29票持っていた出羽ノ海一門に無所属の高田川一門から2票が入り3人当選。
時津風・高砂連合が合計30票を完璧に割り振り3人当選。
23票あった二所ノ関一門は2人当選したが1票浮いている。
また割を食ったのが立浪一門で20票をきっちり振らないといけなかったのだが
2票が他に流れ、大島親方(現職の巡業部長)が落選となる。
そして浮いた3票が貴乃花親方に流れたのではないか。

以上が私の予想する票の流れ。
出羽一門に余力がある二所一門が選挙協力をすることはないだろうと推察。
二所は余った3票のうち2票を自分の所に振っていて1票だけ浮くというのは
出羽への選挙協力があったとは思えない。
そうなると無所属の高田川から2票行ったと考える方が妥当。

というわけで、大島親方に投じるはずだった10人のうちから2人。
そして二所ノ関親方or放駒親方に投じるはずだった12人のうちから1人と
いわゆる造反者が出たのだろう。
関係者は誰が入れたのか「犯人探し?」をするんだろうか?

世論は貴乃花を歓迎すると思う。
それだけ相撲協会の停滞感を憂えている。
posted by ころっけ(男爵) at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。